検索

日焼けしてしまった場合どうしたらいいですか?

美肌には日焼けをしないことが一番ですが、日焼けしてまった場合、まず当日はクールダウンを徹底しましょう。急性の日焼けはやけどと一緒です。ただし、水 泡になってしまった重度の日焼けの場合は皮膚科で専門的な処置をしてもらうことをおすすめします。まず、日焼けは軽い火傷と同じ状態なので、肌をよく冷や すことが重要!冷水に浸したタオルや冷水で洗顔(全身の場合は冷水シャワー)、氷やクールパックで火照りを鎮めます。保湿も冷蔵庫で冷やした化粧水で水分 補給&保湿を行う。美白化粧品や専用のサンケアをすぐに使用したくなりますが、当日のお肌は敏感で逆に刺激となってしまうこともあります。敏感肌用のスキ ンケア用品でしっかり保湿する程度で抑えましょう。そして、一時的に日光を強く浴びると体内の活性酸素が増加し細胞が傷つけられます。皮膚の細胞が傷つ き、水分を保つ能力が弱くなっているので、水分補給も大切です。そして、同時にお肌を生きかえらせる為にもお肌が落ち着いたらビタミンC誘導体が入ったマ スクや美白美容液による集中ケアも重要です。ひどい日焼けのあとに化粧品を塗ると、症状が悪化しかねないので当分はポイントメーク程度のメイクにする。熱 いお湯は皮膚に刺激を与えるのでぬるめのお湯または水で洗顔を行う。できるだけ日光を避けることが大切。当分は日陰でゆっくりと体を休ませるようにしよ う。そして、バランスのとれた食事も大切。特に新陳代謝を活発にするビタミンA・C・Eを含む食物を意識して摂るようにしてみてください。

前のページに戻る

ご予約はこちら
Web予約
月~土 11:00~21:00(日祝 ~20:00 / 第2月曜休)

[お悩み相談室]美容・コースについてのご質問・ご相談をwebで受付ています。

  • 質問・相談する
  • よくある質問を見る

ピュアラ公式Facebook 美容情報 更新中!

サロン一覧